読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(don't get any) Big Ideas

音楽周りのあれこれかれこれ

考察と和訳 True Love Waits / Radiohead

和訳

新作に入ってたのが最も衝撃的だった"True Love Waits"。今回はその再掲記事です。

新作の雰囲気に合ってるのはあのかたちですが、やっぱトムの弾き語りver.もいいですよね!

 

youtu.be

 

僕は信念を曲げてでも
君との子どもがほしい
君の姪のように着飾って
君の腫れあがった足を洗うよ

ああ どこにもいかないで
どこにもいかないで

僕は日々の暮らしを営んでるんじゃなくて ただただ時間を潰しているだけなんだ
君の小さな手 夢中になった子猫みたいな笑顔

ああ どこにもいかないで
どこにもいかないで

本当の愛は
幽霊の出る屋根裏部屋にある
本当の愛は
ぺろぺろキャンディーやポテトチップスの中にある

ああ どこにもいかないで
どこにもいかないで

 

歌詞全文

 

drown:水浸しにする
niece:姪
swollen:ふくれた、腫れあがった
tiny:小さな
kitten:子猫
haunted:何かにつかれた、幽霊の出る
attic:屋根裏、屋根裏部屋
lollipop:ぺろぺろキャンディー
crisp:ポテトチップス

 

2001年のライブアルバム『I Might Be Wrong Live Recordings』より。公式に録音された音源はなく、ライブでたまにアコースティックバージョンが披露される曲です(2016年『A Moon Shaped Pool』に収録)。

Radiohead流の『結婚しようよ』なのかな。正直『Kid A』以降の彼らからこんなにもパーソナルで淀みのない歌が飛び出してくるのは驚きなのですが、何か超越的なことを言ってそうにも聴こえる彼らの人間味が感じられる名曲です。

結婚したことのない僕が結婚に言及するのは笑い話なのですが、僕なりの解釈で。

僕はなかなか神経質で頑固な人間で信条みたいなものもあるんです。でも君と一緒になって子どもを授かるためならば、その信条を多少なりとも曲げる覚悟です(drown、捨てるとまでは言っていないのがポイントですかね)。赤ちゃんが怖がらないような格好もしましょう(dress like your niece)。君が疲れたら癒します(swollen foot)。

話は飛ぶのですが、僕は少し勘違いしていて、結婚するためには何か諦めなければいけないものだと思っていました。ただ、近頃友達と話している中で思うことがあって、「何かを諦めたことを示してしまうと相手に重荷を背負わせてしまうことになる」ってことを思いました。だから、この曲も相手に言うのではなく、内なる覚悟みたいなものなんだと思います。そして"swollen foot"なんですが、この言葉は「水膨れした」みたいな意味もあるんですね。これは言わないまでも自分の信条をdrownした僕と同様に、自分の信条をswollenさせた君もいて、お互い言わないまでもそのことをわかっていて受け入れ支え合おうみたいな感じなのかと思います。

この曲の大切なポイントが"I'm not living〜"のくだり。日々の生活に何かしらのやりがいを感じて、充実して生きているんですが、君との生活を前にするとそんなことまったく無価値に思えてしまう、そんな微妙な心境の話だと思います。君は無邪気な気持ちを持った素敵な人(crazy-kitten smile)です。そんな君と一緒になることが何にも代え難い喜びだって思える。そんな心境。

そして、本当の愛とは。幽霊の出る屋根裏部屋ってなんか実感わかないですが、洋画でよくある子ども達が親に隠れて遊んでたりするあれのことだと思います。キャンディーとポテトチップスは言わずもがな。小さな子ども達が楽しそうにしている姿を心底愛しいと思える、それが本当の愛なのかなって。

こんなん書くの恥ずかしいわ。

結局のところRadioheadが世界最高のバンドであり続けているのは、何も難しいことばかり言ってるんじゃなくて、こういう多くの人の心にすっと入ってくるメッセージがあるからだと思うんです。よかったらぜひ。