(don't get any) Big Ideas

音楽周りのあれこれかれこれ

和訳と考察 Paranoid Android / Radiohead

youtu.be

 去年のグラストンベリー。ライティングやばすぎない?笑

youtu.be

Please could you stop the noise, I'm trying to get some rest
From all the unborn chicken voices in my head
その音を止めてくれないか
頭の中から今にも生まれてきそうな臆病な喚き声から逃げて休みたいんだ

What's that...?
(I may be paranoid, but not an android)
What's that...?
(I may be paranoid, but not an android)
なんだって言うんだ
(僕は妄想気質なのかもしれないけどアンドロイドじゃない)
なんだって言うんだ
(僕は妄想気質なのかもしれないけどアンドロイドじゃない)

When I am king, you will be first against the wall
With your opinion which is of no consequence at all
僕が王様ならあんたを真っ先に磔にする
あんたの意見なんて全く何ももたらさないんだから

What's that...?
(I may be paranoid, but no android)
What's that...?
(I may be paranoid, but no android)
なんだって言うんだ
(僕は妄想気質なのかもしれないけどアンドロイドじゃない)
なんだって言うんだ
(僕は妄想気質なのかもしれないけどアンドロイドじゃない)

Ambition makes you look pretty ugly
Kicking and squealing gucci little piggy
You don't remember
You don't remember
Why don't you remember my name?
Off with his head, man
Off with his head, man
Why don't you remember my name?
I guess he does....
野心まみれのあんたは醜くみえる
甲高い声でグッチ好きの子豚のようだ
覚えていないんだ
あんたは覚えていない
なぜ僕の名前を覚えていないんだ
奴の首を刎ねろ
奴の首を刎ねろよ
なぜ僕の名前を覚えていないんだ
だって奴なら…

Rain down, rain down
Come on rain down on me
From a great height
From a great height... height...
Rain down, rain down
Come on rain down on me
From a great height
From a great height... height...
Rain down, rain down
Come on rain down on me
雨よ降れ 雨よ降れ
さあ 雨よ降れ 僕に降り注げ
遥かなる高みから
遥かなる高みからさ
雨よ降れ 雨よ降れ
さあ 雨よ降れ 僕に降り注げ
遥かなる高みから
遥かなる高みからさ

That's it, sir
You're leaving
The crackle of pigskin
The dust and the screaming
The yuppies networking
The panic, the vomit
The panic, the vomit
God loves his children, God loves his children, yeah!
それだけだよ
あんたは置き去りにする
豚の皮のひび割れや
塵や叫び声や
ヤッピーのネットワークなんかや
狂気と吐き気も
狂気と吐き気すらも
神は神の子らを愛す 神は神の子らを愛すんだろ、なあ?

 

単語
paranoid:偏執病的
android:人造人間
何か自分のものではないような考えに悩まされてはいるけど、僕は僕であり作られたものではないってことかな。極めて人間らしい偏執のせいでロボットなんじゃないかという妄想にとりつかれるのはとても皮肉。
consequence:結果、影響

kicking:すごい、イキイキとしている
squeal:キーキーいう音、甲高い声、悲鳴
rain down:雨よ降れ。reign down(支配してくれ)がかかってるんじゃないかな。
great height:遥かなる高み、天上

crackle:ひび割れ、ばちばちいう音
yuppie:知的職業に就いているエリートのこと

 

ロックの最高峰『OK COMPUTER』は最早ロックなのかもよくわからないとこまでいっていて、それを象徴するような曲。ミュージックビデオは歌詞の内容を象徴的に表している。

パラノイドに関しての歌だけど、歌詞の内容もかなり誇大妄想的でよくわからんことを歌っているような感じ。僕はこの歌詞は社会に対することでもあるけど、同時に神に対するものだと思っていて。

とっても妄想的な自分の性質を呪っていて、神に救いを求めるのだけど(rain down)、どこにどう存在してるのかもよくわからない神に対する恨み辛みも募るばかり。「野心まみれの〜」のくだりは、当然人間の醜さについてだけど、こんな世界を造った神に対する被害妄想もあるのかと思う。

「覚えていない〜」のくだりは、創造者たるあんた(神)が僕のことを何も気にかけないのはどうかしてるってことかな。「僕が王様なら〜」「奴の首を刎ねろ」にも独善的な妄想気質が見て取れる。

「雨よ降れ」以降は、こんな世界(the dust &〜のような混沌として行き場を失った世界)をどうか救ってくれ、さもなくば壊してくれ、見て見ぬ振りはやめてくれ、あんたは自分の創造物を愛するんだろ?と、さらに被害妄想を加速させて終わりを迎える。

こういう解釈でいいんかな。『OK COMPUTER』自体が全体として、パーソナルな感覚を出発点としたそれ以前の作品と比べて、妄想気味などっか漠然と飛躍したところに向かっている。次作『KID A』で”ロックは死んだ”という方向に行くわけだけど、この時点でその傾向は見て取れるかなって。では。